妊娠中にスパイスの効いたカレーを食べても大丈夫?

2018年11月26日

妊娠中にスパイスの効いたカレーを食べても大丈夫?

妊娠中にカレーを食べるのは良くないのか?スパイスの効いたカレーは刺激物なので、赤ちゃんへの影響が気になりますよね。

この記事で、妊娠中にカレーを食べても良いか?解説します。

妊娠中はカレーを食べても良い

妊娠中にカレーを食べても問題ありません。カレーにはスパイスが多く使われていますが、適量であれば大丈夫です。

カレーの食べ過ぎはNG

ただし、妊娠中にカレーを食べすぎるのはNGです。

市販のカレー粉には塩分やスパイス、油分、化学調味料などが多く含まれているため、継続的に食べるのは避けましょう。

カレーは1日に食べきるのが難しく、次の日にも食べることが想定されますが、継続して食べると胃炎や痔の原因になります。残ったカレーは旦那に食べてもらうなどして、食べ過ぎにならないように注意してください。

[スポンサーリンク]

辛口よりも甘口の方が良い?

妊娠中にスパイスの効いたカレーを食べても大丈夫?

妊娠中にスパイスの食べすぎは良くない

市販のカレーのルーを選ぶときに気になるのが辛さ。

一般的には甘口よりも辛口の方がスパイスが多く使用されていますが、どちらにせよ塩分や化学調味料は多く含まれています。妊娠中は、継続的に食べたり、大量に食べるのは避けましょう。

適量であれば、甘口でも辛口でも構いません。

子供用のカレールーの方が良い?

市販のカレーのルーには、子供用もあります。子供用のカレールーはスパイスが少なく、商品によっては化学調味料や着色料などが無添加です。

そこまで気にする必要はありませんが、心配な妊婦さんは、子供用のカレールーを買うのも良いかもしれません。

まとめ

妊娠中はカレーを食べても大丈夫ですが、塩分やスパイスが多く使われているので、1度に大量に食べたり、継続的に食べるのは避けましょう。

「激辛」のカレールーを選んだり、カレーにタバスコをたくさん掛けるなどは避けた方が良いです。

【食べ過ぎ&飲み過ぎ注意】妊娠中に注意すべき食品リスト

妊娠中にどんな食品を食べるのがダメか?どんな飲料を飲んではダメか?まとめました。

続きを見る

[スポンサーリンク]

-妊娠
-

© 2021 子連れ防災