妊娠中に食べても良い調味料と注意すべき調味料

2018年11月26日

妊娠中に食べても良い調味料と注意すべき調味料

妊娠中は、ハーブやスパイス、トウガラシなど、刺激が強い調味料はなるべく避けましょう。それ以外の一般的な調味料は、塩分や食品添加物に気を付けながら使用すれば問題ありません。

妊娠中に食べても良い調味料

妊娠中に食べても良い調味料

妊娠中に食べても良い基本の調味料

妊娠中は、以下の調味料を食べても大丈夫です。

  • 砂糖
  • しょうゆ
  • みそ
  • はちみつ
  • 料理酒

塩は妊娠中に食べても大丈夫です。塩分の取り過ぎには注意しましょう。

砂糖

砂糖も妊娠中に食べても大丈夫です。

カロリーオフシュガーなどの人工甘味料は、食品添加物に分類されます。低カロリーですが多量摂取はお腹が緩くなるので控えましょう。

しょうゆ

しょうゆは妊娠中に食べても大丈夫です。ただし、食品添加物が多く含まれたしょうゆもあります。しょうゆを使用するときは原材料を確認して、余計な物が入っていないことを確認しましょう。

みそ

みそも妊娠中に食べて大丈夫ですが、ダシが入っているみそには食品添加物が多く含まれていることも。原材料を確認して、余計な物が入っていないことを確認しましょう。

味噌汁を作るときは薄味を心がけましょう。味を濃くすると塩分が多くなります。

はちみつ

はちみつも妊娠中に食べて大丈夫です。

はちみつには「ボツリヌス菌」の胞子が含まれており、1歳未満の子どもが食べると中毒を起こしますが、妊娠中はその危険はありません。胎児への影響もありません。

妊娠中にはちみつを食べると「乳児ボツリヌス症」を発症するリスクはある?
妊娠中にはちみつを食べると「乳児ボツリヌス症」を発症するリスクはある?

1歳未満の乳児に蜂蜜(はちみつ)を食べさせると「乳児ボツリヌス症」になる危険がありますが、妊娠中はどうなのか?解説します。

続きを見る

料理酒

アルコール類を妊娠中に摂取することはNGですが、料理酒やワインは調理の工程でよく加熱し、アルコールを飛ばせば大丈夫です。

[スポンサーリンク]

妊娠中に注意すべき調味料

妊娠中にスパイスの効いたカレーを食べても大丈夫?

妊娠中にスパイスの食べすぎは良くない

妊娠中には、以下の調味料は注意してください。

  • こしょう
  • トウガラシ
  • タバスコ
  • スパイス
  • ワサビ
  • からし
  • 山椒

上記のような刺激の強い調味料は、妊娠前に食べていた量を食べるくないなら問題ありません。刺激が強いので、大量に使用するのはやめましょう。胃炎や痔の原因になります。

刺激の強いスパイスがたくさん使われている「カレー」も基本的には大丈夫ですが、やはり食べ過ぎはNGです。

まとめ

妊娠中に絶対に食べてはいけない調味料は、それほどありません。通常の量であれば問題ありませんので、いつも通り使って大丈夫です。

【食べ過ぎ&飲み過ぎ注意】妊娠中に注意すべき食品リスト

妊娠中にどんな食品を食べるのがダメか?どんな飲料を飲んではダメか?まとめました。

続きを見る

[スポンサーリンク]

-妊娠
-

© 2021 子連れ防災