妊娠中はインフルエンザの予防注射は受けられる?風疹は?

2018年11月30日

妊娠中はインフルエンザの予防注射は受けられる?風疹は?

妊娠中は、インフルエンザの予防接種は受けられます。風疹の予防接種は受けられません。

インフルエンザの予防接種は?

積極的に受けるべき

妊娠中にインフルエンザの予防接種は受けられます。妊婦がインフルエンザにかかると重症化する危険があるため、積極的に受けるようにしましょう。家族にも協力してもらうことをおすすめします。

予防接種の時期

インフルエンザの予防接種の時期は、毎年11月ごろからはじまります。流行するのは例年12~3月ごろなので、早めに打ちましょう。

費用は病院によって異なりますが、3,500円前後が相場です。インフルエンザの予防接種を受けるときは、受診している産婦人科の先生とよく相談してからにしてください。

[スポンサーリンク]

風疹の予防接種は?

妊婦は受けられない

妊娠中に風疹の予防接種は受けられません。

風疹の予防接種は、風疹のウイルスを弱毒化したもので、軽く風疹にかかった状態にします。妊娠中に風疹にかかってしまうと、「先天性風疹症候群(難聴や心疾患など)」をもった赤ちゃんが生まれる可能性があります。そのため、妊婦は風疹の予防接種は受けられないのです。

風疹の予防方法

風疹に対する免疫がない、風疹に対する免疫力が低い妊婦は、

  • 風疹にかかっている人との接触は避ける
  • 周囲の人の予防接種を勧める
  • 不要な外出は避ける

などで予防をします。

特に夫は早めに風疹の予防を受けることが重要です。

まとめ

妊娠中は、インフルエンザの予防接種は受けられます。インフルエンザは例年11月ごろから予防接種が始まるので、夫婦で予防接種を受けに行くことをおすすめします。

風疹の予防接種は妊娠中に受けられません。旦那さんは奥さんに風疹をうつさないよう、予防接種を受けに行きましょう。

[スポンサーリンク]

-妊娠