離乳食をつくる手に傷があったらどうするべき?

離乳食をつくるときに手に傷があると、細菌が食品についてしまうのでは?と心配になりますよね。特に冬になると、洗い物をすると乾燥で手にパックリ傷が付くことも。

対策

私は手荒れがヒドイほうだったので、

  • 新しい絆創膏(ばんそうこう)をつける
  • 傷口が指先なら「指サック」をする
  • ビニール手袋をする

などの対策をしました。

そのまま調理するのは細菌が入る恐れがあるため、新しい絆創膏(ばんそうこう)をつけて調理するのがおすすめです。古い絆創膏は、まわりに細菌がついていることがあるので避けてください。

傷口が指先なら、「指サック(紙めくりの補助を目的に使われる文具)」でも代用できます。あるいは、手の全体を覆うビニール手袋やゴム手袋を使っても良いでしょう。

まとめ

調理する手に傷口がある場合は、ビニール手袋などをして清潔な状態を保ちましょう。赤ちゃんは細菌に対する抵抗力が弱いため、衛生面には注意して調理してくださいね。

[スポンサーリンク]

-離乳食

© 2021 子連れ防災