食べ残した離乳食がもったいない!次の食事に与えても大丈夫?

2020年1月10日

食べ残した離乳食がもったいない!次の食事に与えても大丈夫?

子どもが離乳食を残すこと、よくありますよね。

手作りなら一生懸命つくったのに、捨てるのはもったいないですよね。市販のベビーフードでも同じこと。

では、食べ残した離乳食は、次の食事のときまでに残しておき、温め直せば与えても良いのでしょうか?

食べ残した離乳食は捨てる

食べ残した離乳食は、水分が多く細菌が繁殖しやすいため必ずすぐに処分する必要があります。

離乳食は水分が多く薄味で、つぶす・きざむなど調理の工程で食材にさわるタイミングも多いため、おとなの食事より細菌に汚染されやすく、いたみやすい特徴があります。

出典:食べ残した離乳食、次の食事までとっておいていい?

食品は、一度口をつけると時間の経過とともに細菌があっという間に繁殖します。ミルクを与えている方なら分かると思いますが、一度口をつけたものは残したら捨てますよね。

赤ちゃんは抵抗力が弱いため、少しの細菌でも体調に影響が出る可能性があります。離乳食の食べ残しは捨てましょう。

もし多く作ってしまったのなら、フリージング(冷凍)しておくのがおすすめです。

大人が食べるのが理想

離乳食の食べ残しを捨てるのがもったいないのであれば、大人が食べてしまうのも良いでしょう。

大人が食べることで、

  • 捨てる必要がなくなる
  • 味や食感を確認できる

からです。

私はよく食べ残しを食べてます。そのままだと美味しくはないので、塩をかけたりしても良いでしょう。ウチは犬を飼っているので、犬が食べられる離乳食は器を移してからあげています。キレイに食べてくれるのでうれしいです。

ただ、一度でも大人がスプーンに口をつけたら、そのスプーンを使って離乳食を与えないでください。大人はたくさんの細菌を持っていて、その細菌が赤ちゃんにうつってしまうから、絶対にやめましょう。

まとめ

離乳食は、作ってすぐのものか、作りたてを冷凍保存したものを解凍してあたえます。

離乳食の食べ残しは、捨てるか大人が食べるようにします。毎回食べ残しが多いようであれば、与える量や与え方を見直し、食べ残しのないようにすると良いかと思います。

関連記事
ダイソーの離乳食をフリージングできる冷凍トレイを買ってみた
ダイソーの離乳食をフリージングできる冷凍トレイを買ってみた

100均ダイソーに売っている、離乳食用の冷凍トレイを買ってみました。今まで、普通の製氷機で離乳食をフリージングしていて取り出しづらかったので、離乳食用の冷凍トレイを使ってみました。

続きを見る

[スポンサーリンク]

-離乳食

© 2021 子連れ防災