妊娠中にカフェインの摂り過ぎはNG!何杯までならOK?

2018年11月28日

妊娠中にカフェインの摂り過ぎはNG!何杯までならOK?

妊娠をすると、アルコールやタバコは微量でもNGですが、カフェインもあまりとらない方が良いとされています。では、何を、どれくらいの量なら妊娠中に飲んでも大丈夫なのか?ご紹介します。

妊娠中のカフェインの摂り過ぎがNGな理由

妊娠中のカフェインの摂り過ぎがNGな理由

妊娠中のカフェインの摂り過ぎはNG

妊娠中はカフェインの取り過ぎは良くありません。胎児はカフェインの排出機能が低く、妊婦がカフェインを長期にわたって過剰摂取すると、胎児や妊婦経過に悪影響を及ぼすと言われています。

あくまで摂り過ぎがNGなのであって、少しなら大丈夫です。目安としては、妊娠中のカフェイン制限は1日200mg程度までです。

妊娠中にチョコレートを食べても良いか?
妊娠中にチョコレートが食べたい!カフェインが気になるけど大丈夫?

妊娠中はカフェインの制限がありますが、チョコレートにもカフェインは含まれています。では、妊娠中はチョコレートを食べても良いのか?また、洋酒入りのチョコレートも食べても良いのか?解説します。

続きを見る

妊娠中の飲み物別の摂取量の目安

飲み物にもいろいろあり、カフェインの含有量もさまざま。では、妊婦は何を何杯くらいならOKなのか?

妊娠中は1日200mg程度までカフェインを摂っても大丈夫だとされているので、それを基に計算しました。

飲み物の種類 カフェインの含有量 1日の摂取量
日本茶(玉露入り) 320mg 半杯
コーヒー 120mg 1杯
抹茶 120mg 1杯
紅茶 60mg 2杯
日本茶(煎茶) 40mg 3杯
ウーロン茶 40mg 3杯
コーラ 20mg 1杯
ココア 20mg 1杯
麦茶 0mg 制限なし
そば茶 0mg 制限なし
ハーブティ 0mg ×
栄養ドリンク 不明 ×

「カフェインの含有量」は、あくまで目安です。「1杯」は200ml(コップ1杯)です。

コーラに関してはカフェインはそこまで多くありませんが、糖分が高く人工甘味料が使われているため、1日1杯としました。ココアも同じくカフェインは少ないですが、糖分が高いため1日1杯としました。

ハーブティにはカフェインは含まれていませんが、ハーブの種類によっては妊娠中に避けた方が良い物もあります。飲まない方が安心です。

栄養ドリンクには、カフェインのほかアルコールが含まれている物もあるので、飲まない方が安心です。

まとめ

妊娠中はカフェインの取り過ぎは良くありません。

安心・安全な飲み物は、カフェインが含まれていない麦茶やそば茶です。ほかの飲み物も1日1杯程度なら問題ありませんが、カフェイン以外の糖分などにも注意しましょう。

【食べ過ぎ&飲み過ぎ注意】妊娠中に注意すべき食品リスト

妊娠中にどんな食品を食べるのがダメか?どんな飲料を飲んではダメか?まとめました。

続きを見る

[スポンサーリンク]

-妊娠
-

© 2021 子連れ防災