妊娠中は生ハムなどの生肉を食べても大丈夫?

2018年11月23日

妊娠中は生ハムなどの生肉を食べても大丈夫?

妊娠中は、生ハムなどの生肉は食べない方が良いでしょう。その理由について解説します。

妊娠中は生肉は食べない方が良い

妊娠中に食べてはいけない生ハム

妊娠中に食べてはいけない生ハム

食べない方が良い理由

妊娠中は、妊娠していない人に比べて「リステリア菌」に感染しやすくなり、お腹の赤ちゃんに影響が出ることがあります。

厚生労働省も、以下のように注意喚起しています。

妊娠中は、一般の人よりもリステリア菌に感染しやすくなり、赤ちゃんに影響がでることがあります。リステリア菌は、食品を介して感染する食中毒菌で、塩分にも強く、冷蔵庫でも増殖します。

出典:https://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/dl/ninpu.pdf

十分に加熱処理をしている食品であれば問題ありませんが、生ハムをはじめとした生肉は加熱処理が十分ではないため、妊娠中に食べることは避けた方が良いです。

生肉には、「リステリア菌」以外にも「トキソプラズマ」という原虫に感染するリスクもあります。

[スポンサーリンク]

加熱処理すれば食べられる

どうしても妊娠中に生ハムを食べたいときは、加熱処理をしてから食べてください。リステリア菌は冷蔵庫内でもゆっくりと増殖しますが、他の食中毒菌と同様に加熱することで予防できます。

ただ、加熱すると「生」ハムではなくなりますね。また、塩分も多く含まれているので、多量の摂取は避けましょう。

生ハム以外の生肉は?

生ハム以外のお肉では、「レアステーキ(加熱が十分ではないステーキ)」「ユッケ」などは加熱処理が十分ではないため、妊娠中に食べないでください。

同様に、加熱処理が十分ではない「ナチュラルチーズ」もリステリア菌が存在している可能性があるため、妊娠中には食べない方が良いでしょう。

まとめ

妊娠中は、生ハムなどの生肉は食べない方が良いでしょう。妊娠中に生ハムを食べると「リステリア菌」に感染して食中毒になる危険があります。レストランに行くとパスタやサラダに生ハムがトッピングされていることがあるので、外食時には十分に注意しましょう。

もし食べるときは、十分に加熱してから食べてくださいね。

関連記事
【食べ過ぎ&飲み過ぎ注意】妊娠中に注意すべき食品リスト

妊娠中にどんな食品を食べるのがダメか?どんな飲料を飲んではダメか?まとめました。

続きを見る

[スポンサーリンク]

-妊娠
-