「プレママ」「プレパパ」とは?意味を調べてみた

2019年1月20日

「プレママ」「プレパパ」とは?

妊娠をすると、あちらこちらで目にするのが「プレママ」「プレパパ」と言うキーワード。

妊婦向けの雑誌を読んでいたり、ネットで出産の情報収集をしているときに「プレママ応援キャンペーン」「プレパパセミナー」などのキーワードをよく見ますよね。

意味が分かるようで分からない用語だったので、調べてこの記事に整理してみました。

[st_toc]

「プレママ」「プレパパ」とは?

「プレママ」「プレパパ」とは、「妊婦」と「その夫」のことを指します。

「プレ」の意味

「プレ」は英語で「pre」と書き、意味は

  • あらかじめ
  • ~以前の
  • ~の前にある

です。

プレは接頭語で、「プレビュー(preview)」の「プレ」などと同じです。

「プレママ」「プレパパ」の意味

前述した通り、「プレママ」「プレパパ」はこれからママやパパになろうとしている人のことを指します。

以下、「goo国語辞書」のプレママについての解説です。

《(和)pre(以前の)+mamma》もうすぐ母親になる人。妊娠中の女性のこと。

出典:goo国語辞書

プレパパについても、以下のように解説があります。

《(和)pre(以前の)+papa》もうすぐ父親になる人。妊婦の夫。

出典:goo国語辞書

「妊婦」と呼ぶよりも「プレママ」と呼んだほうが響きが良いことから、雑誌やメディアでよく使われているようです。プレパパに関しては「もうすぐパパになる旦那さん」だと長いので使い勝手が良いですね。

出産経験は関係ある?

「プレママ」「プレパパ」という用語を使うのに、出産経験は関係ありません。

出産経験があって、子どもがいても妊娠していれば「プレママ」と言い、その夫のことを「プレパパ」と呼びます。

まとめ

「プレママ」は妊娠中の女性のことを指し、「プレパパ」は妊婦の夫のことを指します。

妊娠や出産経験は関係はなく、第2子以降の妊娠の場合でも「プレママ」「プレパパ」と呼びます。

[スポンサーリンク]

-妊娠

© 2021 子連れ防災