保育士ママが厳選!0歳児の赤ちゃんも喜ぶおすすめ絵本5冊

保育士ママが厳選!0歳児の赤ちゃんも喜ぶおすすめ絵本5冊

https://ikuji-blog.net

生後5カ月の息子がいる(執筆当時)保育士の私が、0歳児におすすめの絵本を5冊厳選しました。保育の現場でも人気だった絵本や、0歳の我が子がよろこんだ絵本をご紹介するので、絵本選びに悩んでいる方のご参考になれば幸いです。

[スポンサーリンク]

0歳児におすすめの絵本

[st_toc]

しましまぐるぐる

しましまぐるぐる(いっしょにあそぼ)

しましまぐるぐる

出版社 学研プラス
価格 880円
発売日 2009年4月7日
サイズ 約17.5cm×17cm(表紙)
イラスト 柏原 晃夫

しましまぐるぐる」は、絵のコントラストがはっきりしていて、カラフルな絵本。

タイトルの通り、「しましま」や「ぐるぐる」の模様がたくさん描かれています。

しましまぐるぐるを赤ちゃんに読み聞かせる様子

私の息子にはじめて見せたのは生後1~2カ月のときで、まだはっきり目が見えていない時期でしたが、見せるとぼんやり見えるのか、じーっと見ていました。

3~4カ月になると笑ったり、声をあげて反応することもあります。ご機嫌が悪く、グズッたときに見せると泣き止むことも。お気に入りの1冊です。

この絵本はシリーズで、「あかあかくろくろ」や「ぶんぶんきいろ」も読み聞かせると大喜びしてくれます。

しましまぐるぐる (いっしょにあそぼ) 0~2歳児向け 絵本

新品価格
¥968から
(2019/12/11 11:04時点)

もいもい どこどこ

もいもいどこどこ?の表紙

もいもい どこどこ?

出版社 ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格 1,760円
発売日 2019年12月13日
サイズ 約15cm×15cm(表紙)
イラスト 市原 淳

もいもい どこどこ?」は、赤ちゃんの興味をひくキャラクター「もいもい」が描かれた絵本。

色鉛筆で書いたような優しい雰囲気で、色合いもカラフル。

もいもいどこどこを読んで笑う赤ちゃん

息子が生後5カ月のときに見せると、「もいもい」に目を離さず、じーっと見つめていました。「もいもい」の言葉のリズムも好きみたいで、絵本を読まないときにこのフレーズを言うと喜びます。

ただ、絵本にしては値段がかなり高い設定になっているので、そこはマイナスかなと思いました。

もいもい どこどこ? (あかちゃん学絵本)

新品価格
¥1,760から
(2019/12/26 16:43時点)

くっついた

絵本「くっついた」の表紙

くっついた

出版社 こぐま社
価格 880円
発売日 2005年8月1日
サイズ 約18.8×17.2cm(表紙)
作・絵 三浦 太郎

くっついた」は、「◯◯と◯◯が…くっついた」という言葉の繰り返しで、動物たちが手を繋いだり、キスをする様子を描いた絵本。

私の住んでいる川越市では、乳幼児4か月健診のときにブックスタートで配布しています。それだけ有名な絵本ということですね。

くっついたを読み聞かせた赤ちゃんの反応

生後3カ月の息子に読み聞かせたとき、声を上げて反応することはなかったですが、見開きの両方にいる動物をしっかり見比べていました。

生後5カ月になると、おサルさんのページがお気に入りのようで笑うようになりました。

ただ、絵本のページが厚紙ではなく簡単に破れやすい紙質なので、子どもに1人で読ませるには注意が必要かもしれません。

くっついた

新品価格
¥880から
(2019/12/27 17:09時点)

じゃあじゃあびりびり

じゃあじゃあびりびりの表紙

じゃあじゃあびりびり

出版社 偕成社
価格 660円
発売日 2001年8月27日
サイズ 約14×14cm
作・絵 まつい のりこ

じゃあじゃあびりびり」は、モノや動物を擬音で表す絵本。

イラストは少し古めの雰囲気が漂いますが、1ページごとに色合いが異なるので見ていて飽きず、文字の配置も考えられています。

じゃあじゃあびりびりをよく見る赤ちゃん

息子が生後3カ月になったときに見せましたが、そのときはまだ早かったようで、特に何も反応はなかったです。ところが、生後5カ月になり改めて見せると、笑ったり声を上げて反応するようになっていました。

擬音語をリアルな音で言ってみたりすると、何だか面白いみたい笑ってくれるので、こっちまで笑ってしまいます。

じゃあじゃあびりびり (まついのりこのあかちゃんのほん)

新品価格
¥660から
(2020/1/2 17:01時点)

いないいないばあ

いないいないばあの表紙

いないいないばあ

出版社 童心社
価格 770円
発売日 1967年4月15日
サイズ 約21×18.6cm
松谷 みよ子

いないいないばあ」は、さまざまな動物たちが、「いないいない…」と顔を隠して、ページをめくって「ばあ」とする絵本。

保育士の私はいろんな保育園で働いたことがありますが、どこの保育園にも1冊は置いてある定番の絵本です。

いないいないばあと笑う赤ちゃん

息子が生後3カ月のときにはじめて見せました。絵をじーっと見てはいましたが反応は薄かったです。生後5カ月になってから見せると、ニコニコ笑うようになりました。

私の子のお気に入りのページは、キツネがいないいないばあをするページ。食い入るように見つめ、ときどき笑います。

いないいないばあ (松谷みよ子 あかちゃんの本)

新品価格
¥770から
(2020/1/3 17:01時点)

まとめ

0歳児におすすめの絵本は、

  1. しましまぐるぐる
  2. もいもい どこどこ
  3. くっついた
  4. じゃあじゃあびりびり
  5. いないいないばあ

の5冊。

特に、私の息子のお気に入りの1冊は「しましまぐるぐる」です。他の絵本よりコントラストがはっきりしていて、認識しやすいようです。

絵本は赤ちゃんによって好き嫌いが分かれるので、実際に読み聞かせないと反応が分からないことが多いですが、この記事でご紹介した絵本が気に入ってくれれば幸いです。

[スポンサーリンク]

この記事を書いた人

育ラジ

育児に奮闘中の夫婦。令和元年生まれのパワフルな息子と、元気なワンちゃん1匹。騒がしい毎日をおくってます。

AnchorTwitter

-絵本

© 2021 子連れ防災